問合せ先
各種申込
アクセス
お知らせ
コラム
よくあるご質問
イベント

5月26日(日)ふれあい教室開催しました

小学校1-3年生と4-6年生で時間を分けて、それぞれ4名の児童とそのご家族の方に参加いただきました。

<ワンちゃんとの触れ合い方を学ぶ>
最初にワンちゃんとの触れ合い方を動画で学び、クイズをやって学んだことを確認しました。

今日は、譲渡犬等飼い主の集いの会(DMSO)のメンバーの方と愛犬”わおん”君に来ていただいて、しつけのしかたを学ぶことができました。


①はじめましてのワンちゃんへのごあいさつ
飼い主の方に「触っていいですか?」と聞きます。許可をもらったら、ゆっくり鼻先にグーを出して「はじめまして」のごあいさつをします。ワンちゃんへのあいさつのしかたを学びました。

②しつけを体験してみよう
ワンちゃんとのコミュニケーションやしつけの基本となる「アイコンタクト」「マグネット」を体験してもらいました
みんなのマグネット誘導に、わおん君はしっかりついて行きました。皆さん、わおん君の賢さにびっくりしつつ、楽しく体験できました。

③心音を聞いてみよう
センターの子犬を連れてきて心臓の音を聞きました。心臓の場所を教えてもらいながら、心音を聞くことができました。

交代しながら全員が子犬の心音を聞くことができました。
最後に、自分自身の心音も聞いてみました。自分たちの心拍数と子犬の心拍数を比べて、子犬の心拍数が多いことに気づくことができました。

わおん君は見かけも大きく体重21キロもあって、最初はびくびくの子ども達でしたが、おとなしくて賢いわんちゃんなので、すぐに慣れて、わおん君との交流を楽しむことができました。また、心音聴取時は子犬と触れあうこともできて楽しい時間が過ごせました。
<どうぶつのおはなし会>
ふれあい教室と併行して、ふれあい教室参加者の妹さん弟さん向けの「読み聞かせ」「ワークショップ」も行いました。「読み聞かせ」では年齢別の絵本を用意しています。「ワークショップ」では、各種筆記用具や素材を準備して、塗り絵やメッセージカード作りができるようにしています。
今回のワークショップはメッセージカード作りや塗り絵を行い、参加者の方に楽しんでもらいました。内容は月により異なりますので次回をお楽しみに!

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 子犬の社会化を学ぼう

  2. 5月26日(日)ふれあい教室開催しました

  3. 猫の屋外飼育は危険がいっぱい!家にいれば安心だよねえ!

PAGE TOP